Twitter検索を記事作成に活用する方法

検索エンジンからアクセスを集める時に、
Twitterを有効に活用出来ると

  • 検索者の気持ちを推測しやすくなり

より検索意図に沿った、
精度の高い記事作成が可能になります。

記事作成の際にはYahoo/Googleの検索エンジンだけでなく
必ずTwitterの検索機能を活用することを習慣としましょう。

絶対マスターしよう!
YUME
YUME

Twitterはつぶやくためだけのものではない

Twittetというと自分の思ったことを「つぶやく」ためのもの
と思っている人は多いかもしれません。

ですがTwitterは自分が「つぶやく」ためだけのものではなく、

情報収集のためにも使われている(&使える)

という大前提を理解しておきましょう。

Twitterの検索機能

Twitterには検索機能があります。

知りたいキーワードを入れると、
検索エンジンと同じようにサジェストが表示されます↓

「トレンド」は今トレンドになっている=
爆発的にツイートされているキーワード。

他にも、
そのキーワードと一緒につぶやかれている言葉
「〇〇 △△」といった複合キーワード形式で表示されます。

Twitter検索の記事への活用方法

1.サジェストは「今」話題になっていること

Twitterのサジェストは
「今」ツイートが多いものが順に表示されます。

逆にツイート数が少ないないものはサジェストすら表示されません

つまりTwitterのサジェストを見ると、
そのキーワードの「何」が、今話題になっているのかを
知ることができます。

例えば同じ「甲子園」というキーワードでも、
試合開始前と試合開始後では
一緒につぶやかれている言葉は違うはずです。

記事を書くタイミングに合わせて、
世の中の話題の需要を適切に見極めて
何について書くべきか/どう書くべきかを判断する材料にしましょう。

2.ツイート内容は世の中のリアルな感情

キーワードをつぶやいているツイートを見ると、
そのキーワードに関する世の中の人のリアルな感情を知ることができます。

例えば同じキーワードについて記事を書くにしても、
どんな文脈で記事を書くかで集められるアクセスは大きく変わります。

例えば「Y!モバイル 乗り換え」のキーワードで
記事を書こうとしている場合。

Twitterで検索をかけてどの様な内容のツイートが多いかを調べてみると…

ポイントは時間をかけずに、100件、200件をザーッと斜め読みして「傾向」をざっくり掴むこと。一つのツイートにこだわってしまったら本末転倒だよ。
YUME
YUME
乗り換えの手続きが「複雑」「分かりづらい」 というツイートが多い。

「シンプル」「3ステップで紹介」といった
簡単さ、手軽さをアピールした記事にしたら反応が上がるかも。

他にも、

乗り換えする時に「いかに安く済ませるか」
「余分なお金を払いたくない」といったツイートが多い

「お得な」「損しない」という文脈で記事を書いたら
反応が上がるかも。

こういった仮説を立てる事が可能になります。

人は「自分の想いを代弁してくれている」、
つまり「自分のための記事だ!」と思える記事を読みます。

Twitterを通じて世の中の人のリアルな気持ちを把握し、
選ばれる記事づくりに活かしてください。

3.ツイート数で需要の有無を把握する

YahooやGoogleの検索エンジンからキーワード選定をする時に、

  • 虫眼鏡やサジェストにはある
  • でも果たして今/将来的に検索需要があるのか
  • 過去に話題だったキーワードが残ってるだけじゃないかな??

っていうキーワードってありますよね。

例えば「アイドルの名前+高校」など。

デビューしたての頃なら知りたい人が多いのもわかりますが、
例えば今、指原莉乃の高校を知りたい人っていなそうです。

そういった時はTwitterで検索をしてみましょう。

自分は上記のように考えていたけれど、
Twitter検索してみると実は、

「高校時代の同級生と付き合ってるとファンの間で噂になってるらしい」
だから「高校」の検索需要が増えている=書く価値あり!

といった意外な答えが見つかる事もあります。

まとめ

ということで、
記事作成の際はY/Gの検索エンジンだけでなく
Twitterの検索機能も必ず活用すること!

これはマストでやっていきましょう!

初心者くん
初心者くん
はーい!